認知機能検査コグニトラックスの実際その5 ストループテスト | ブレインケアクリニック | 新宿 四谷三丁目 心療内科 精神科 物忘れ うつ 不眠 認知症予防

丸ノ内線「四谷三丁目」駅 徒歩2分

新宿区左門町13番地 磯辺ビル2階

TEL 03-3551-3386

ご予約はこちら

お問合せはこちら

ご予約当日のご来院も可能です

toggle navigationMENU

2016年06月13日

認知機能検査コグニトラックスの実際その5 ストループテスト

ストループテストは3つのパートからなる検査です。
第一パートでは、文字が画面に現れたら出来るだけ早くスペースキーを押します。
第二パートでは、赤、黄、青および緑の文字が色文字で表示されますので、文字の色と文字の意味が一致したらスペースキーを押します。
第三パートでは、文字の色が文字の意味と一致しない時だけスペースキーを押します。

この検査は文字意味と文字色のように同時に目にするふたつの情報が干渉しあう時に起こる「ストループ効果」という心理現象を利用したもので、
文字の意味と色の違いに惑わされずに正確に指示を実行できるかどうかを調べます。
やってみると分かりますが、脳がいいかんじに混乱してついつい笑ってしまう楽しい検査です。ぜひお試しを。

ストループテスト パート1

ストループテスト パート2

ストループテスト パート3

認知機能検査コグニトラックスの実際その1
認知機能検査コグニトラックスの実際その2
認知機能検査コグニトラックスの実際その3
認知機能検査コグニトラックスの実際その4

プッシュ通知を

SNSフォローはこちら

RSSフィード購読はこちら

follow us in feedly