日本人のデータを使った日本人のための遺伝子解析サービス「グリーンコード(Green Chord)」のご案内 | ブレインケアクリニック | 新宿 四谷三丁目 心療内科 精神科 物忘れ うつ 不眠 認知症予防

丸ノ内線「四谷三丁目」駅 徒歩2分

新宿区左門町13番地 磯辺ビル2階

TEL 03-3551-3386

ご予約はこちら

お問合せはこちら

ご予約当日のご来院も可能です

toggle navigationMENU

2016年11月3日

日本人のデータを使った日本人のための遺伝子解析サービス「グリーンコード(Green Chord)」のご案内

遺伝子検査が身近になった昨今。すでに受けてみたという方もいらっしゃるかもしれません。しかし、その結果は検査会社によって異なる場合があります。この原因の一つが、採用する論文の違いです。

たとえば、遺伝子Aに変異があるとします。論文Xでは、遺伝子 Aの変異があると、病気の発症リスクが2倍になったと報告しました。一方、論文Yではリスクは上がらないと報告しました。

なぜこういうことが起こるのでしょうか。それは、研究の対象とした集団が異なっていたからです。研究の対象とした人数、性別、年齢、住んでいるところ、ライフスタイルなどが異なれば、同じ遺伝子を対象としていても、結果は自ずと異なってきます。中でも無視できない要因の一つが人種です。私たち日本人の遺伝子についてより正確に評価するためには、日本人の研究を使用する必要があるでしょう。

しかし、市場に出回っている遺伝子検査が必ずしも日本人のデータを用いていない場合があることがわかっています。人種が異なる論文を用いて遺伝子を評価した場合、必要以上に病気のリスクを高く評価したり、あるいは低く見積もりすぎたりするために、適切な予防や対処ができなくなる可能性があります。

その点、当院で導入した「グリーンコード(Green Chord)」は、日本人を対象とした論文を用いて病気のリスクを評価しており、私たち日本人により適している遺伝子検査と言えます。ちなみに、グリーンコードでわかる疾患リスクは、次の64疾患です。ちなみに、アルツハイマー病の遺伝子も検査対象に含まれています。

green-chord%ef%bc%88%e3%82%af%e3%82%99%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99%ef%bc%89%e6%a4%9c%e6%9f%bb%e3%82%a4%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%82%992

グリーンコードは単に遺伝子を解析して病気のリスクを判定するだけではありません。解析結果を元に、医師または遺伝子カウンセラーからきちんと説明を行い、病気の予防のためにどうすれば良いかご説明をします。遺伝的にリスクの高い病気を事前に把握し、生活習慣を改めることで、病気の予防につなげることが可能です。ご興味のある方は当院へお問い合わせください。

グリーンコード(Green Chord)価格
¥143,000(税抜き)
※検査のみ受ける場合、検査費用とは別に検体採取時に初診料3,000円、検査結果報告時に再診料1,000円がかかります。
お問い合わせ

その他、当院では予防医療のための様々な検査をご用意しております。→検査のページ

プッシュ通知を

SNSフォローはこちら

RSSフィード購読はこちら

follow us in feedly