栄養療法について | ブレインケアクリニック | 新宿 四谷三丁目 心療内科 精神科 物忘れ うつ 不眠 認知症予防

丸ノ内線「四谷三丁目」駅 徒歩2分

新宿区左門町13番地 磯辺ビル2階

TEL 03-3551-3386

ご予約はこちら

お問合せはこちら

ご予約当日のご来院も可能です

toggle navigationMENU

2018年02月2日

栄養療法について

栄養療法とは

当院の栄養療法は、薬だけに頼るのではなく、根本的な原因を改善することを目的としています。一般的な保険内の採血だけではわからない栄養状態がわかります。

米国の化学者ライナス・ポーリングが提唱したオーソモレキュラー医学と呼ばれているものをベースにしています。わが国では栄養療法、分子整合栄養医学などと呼ばれています。これは、生体内に正常にあるべき分子を至適濃度に保つ充分量の栄養素を摂取することによって生体機能が向上し、病態改善が得られるという治療法です。人間の体は約60兆個の細胞で構成されており、体はすべてたんぱく質や脂質、糖質などの栄養素という材料によって構成されています。栄養の供給源は、毎日の食事です。栄養療法では、至適な栄養を摂ることで病気や炎症の改善、老化を防ぐという考え方を前提としています。適切な食べ物を適切な量、適切なバランスで食べていると、細胞は元気に働き、体も適切な状態になると考えます。

うつ病における脳内の変化

例えば、うつ病やうつ状態の大きな原因の一つは、脳内のセロトニンという物質が不足し、脳がうまく機能しなくなることにあります。セロトニンは調整系の脳内神経伝達物質です。正常な場合、セロトニンがシナプス間隙に十分に放出されるため脳の情報伝達がスムーズに行われますが、うつ病やうつ状態の場合、セロトニンの放出量が減少するため情報伝達がうまくいかなくなります。抑制系の脳内神経伝達物質のGABAは、脳の興奮を抑制する働きを持ち、不安を緩和します。興奮系の脳内神経伝達物質はドーパミン、グルタミン酸、アセチルコリン、ノルアドレナリンがあります。これらが適度に分泌されていると、元気があってやる気にもあふれ、ほどよい緊張感がありながら、気分もよいという好ましい精神状態になります。逆に、不足すると、元気がなくなり、気分も暗く落ち込むことになります。それぞれの系列の神経細胞から、神経伝達物質が適切に分泌されてバランスが取れていると、心も感情も安定した状態になります。このバランスが崩れると、安定が失われ、悲しみや怒り、イライラや不安などの感情が湧き上がってきます。うつ病やうつ状態にともなうそれらの感情は、脳の中で神経伝達物質のバランスが崩れることで起きていると言えます。

うつ病の治療薬

うつ病やうつ状態の治療薬は、この三種類の神経伝達物質のバランスを整えるような設計がされています。

薬物治療はSSRIという選択的セロトニン再取り込み阻害薬が使われることが主流です。

シナプス間隙に一度放出された神経伝達物質などがシナプス前終末内へ回収されることを「再取り込み」といいます。セロトニンなどの脳の神経伝達物質が入っているのは、脳の神経細胞のシナプス小胞と呼ばれる部分で、シナプス小胞からセロトニンが放出され、シナプス小胞に再取り込みされます。セロトニンの再取り込みを阻害すると脳内のシナプス間隙のセロトニンの量が増えます。SSRIはセロトニンの再取り込みを阻害することで、シナプス間隙に存在するセロトニンの量を増やし神経伝達を改善して、抗うつ作用をあらわします。

うつ病に対する栄養療法の基本的考え方

栄養療法の場合はどうかといいますと、セロトニンの原料を摂ることでセロトニンそのものを増やし、より根本的なうつ状態の改善を目指します。セロトニンはトリプトファンという物質から合成されます。しかし、トリプトファンは体内では作ることができない必須アミノ酸です。その為、日々の食事から摂取する必要があります。

トリプトファンが摂取できるのは、卵、乳製品、肉、魚などの良質のたんぱく質です。

他にも生活習慣病といわれる高血圧や糖尿病、高脂血症などにも栄養療法は効果的です。様々な病気に対して栄養療法は根本的な原因を診断してアプローチしています。その

結果、薬を使わず本来持っている体の働きを利用して目覚ましい効果をあげているのです。

 

プッシュ通知を

SNSフォローはこちら

RSSフィード購読はこちら

follow us in feedly

クリニック概要

ブレインケアクリニック

  • 心療内科・精神科・内科
  • 〒160-0017 東京都新宿区左門町13番地
    磯辺ビル2階
  • 03-3351-3386
△金曜日午後の診療時間は、18時まで
休診日:水曜・土曜・日曜・祝日
診療時間
10:00 - 13:00
15:00 - 19:00
アクセス
丸の内線「四谷三丁目」駅 徒歩2分
JR中央・総武線「信濃町」駅 徒歩8分
都営新宿線「曙橋」駅 徒歩11分