不眠症 | ブレインケアクリニック | 新宿 四谷三丁目 心療内科 精神科 物忘れ うつ 不眠 認知症予防

丸ノ内線「四谷三丁目」駅 徒歩2分

新宿区左門町13番地 磯辺ビル2階

TEL 03-3551-3386

ご予約はこちら

お問合せはこちら

ご予約当日のご来院も可能です

toggle navigationMENU

不眠症

不眠症

「寝つきが悪い」「夜中や早朝に目が覚める」「熟睡感が無い」――こうした睡眠トラブルのために自身が苦痛を感じたり、日常生活に支障をきたしたりする状態になり、しかもそれが慢性的に続くようなら、それは不眠症かも知れません。しかし、睡眠時間は個人差が大きいため、7時間以上眠っているにもかかわらず「眠れない」と感じる方がいる一方で、3~4時間の睡眠でもまったく問題の無い方もいます。そのため、客観的に何時間眠っていようと、本人が安眠・快眠できないと自覚する状態が続けば、「不眠症」と診断されることになります。

不眠症の原因

現在、日本では成人の約5人に1人が睡眠に関する何らかの問題を抱えていると言われます。不眠症の原因には、「心理的要因」「身体的要因」「環境的要因」「生活習慣的要因」など、様々なものがありますが、最近になって不眠症を訴える方が多くなっている背景には、ライフスタイルの多様化、24時間社会における生活リズムの乱れ、過大なストレス、人口の高齢化などの問題が横たわっているようです。

根本的な原因を探ることも大切

不眠症はけっして限られた人だけのかかる特殊な疾患ではなく、誰もがなりえます。また、うつ病など他の精神疾患の症状の一つとして不眠症が現れてくるケースも少なくありません。実際、慢性的な不眠症では、その3分の1から半数は、何らかの精神疾患を併せ持っていると言われます。したがって、ただ単に睡眠薬で不眠を解決するだけでなく、並行して根本的な原因を探っていくことも大切です。

不眠症の種類

不眠症は、眠れない時間帯や睡眠の質などを基準として、下表のように入眠障害・中途覚醒・熟眠障害・早朝覚醒の4つに分けられます。こうした不眠の訴えが週に2回以上あり、かつ少なくとも1ヶ月以上持続していて、不眠のために自らが苦痛を感じるか、社会生活または職業的機能が妨げられている状態が不眠症です(日本睡眠学会による定義)。

入眠障害
寝つきが悪く、なかなか眠れないタイプ(2時間以上)で、心配事やストレスなどによって起こりやすくなります。ただし、一度寝ついてしまえば、朝まで眠れることが多いものです。入眠障害は、不眠症のなかでも一番よく見受けられます。
中途覚醒
寝つきは良いものの、いったん寝ついても夜中に目が覚めてしまう(2回以上)タイプです。そのために熟睡感(ぐっすり眠った感じ)が得にくくなります。
熟眠障害
十分な睡眠時間をとっていても眠りが浅く、目覚めたときに熟睡感が乏しいタイプです。高齢者や神経質な人に見られがちです。
早朝覚醒
寝つきは良く、すぐに眠れるものの、通常よりも2時間以上早く目が覚め、そのまま眠れなくなってしまうタイプです。うつ病の患者さんや高齢者に多く見られます。

不眠症の原因

現代は、あらゆる環境(家庭や学校、職場など)にストレスが溢れており、そうしたストレスが要因となって不眠を訴える方が多くなっています。主な要因は、下表の通りです。

心理的要因
不安、イライラ、人間関係の悩みなど。
身体的要因
更年期などによるホルモンバランスの変化、身体疾患などを原因とした頻尿、皮膚病(アトピー性皮膚炎など)による痒みなど。
環境的要因
季節の変わり目、引っ越しなど。
生活習慣的要因
アルコールや喫煙によるニコチン摂取、コーヒーの飲み過ぎなどによるカフェイン摂取過多、入眠前の過剰なネットの利用や携帯・スマートフォンの操作など。

不眠症の治療

不眠症は、その原因により治療法もそれぞれ変わってきますが、非薬物療法(生活習慣の改善)と薬物療法が治療の2本柱になります。

非薬物療法

生活習慣の改善による不眠治療です。以下のような生活習慣を心がけると眠りやすくなります。

1)朝、決まった時間に起きて日の光を浴びる。
人間の体内時計の周期はおよそ25時間にセットされているため、放っておくとどんどん生活リズムがずれてしまいます。これを元に戻すのが太陽の光です。寝る時間はそれほど神経質にならなくても構いません。そのかわり、決まった時間に起きてカーテンを開け、日光を浴びるように心がけましょう。
2)朝ご飯を食べて体を目覚めさせる。
日の光を浴びても食事を摂らなければ体は十分に目覚めません。朝起きたら1時間以内に朝ご飯を食べるようにしましょう。
3)できるだけ毎日体を動かすようにする。
朝の運動は体を目覚めさせることができるのでたいへんおすすめです。また、夕方に軽い運動をするのも良い睡眠を得るのに効果的です。しかし、寝る直前には激しい運動をすると興奮して眠れなくなるので避けましょう。
4)昼寝は30分以内、午後3時までに。
日中眠いときは昼寝をしてもかまいません。しかし時間配分を間違えると夜に眠れなくなってしまいます。
5)入浴は就寝3時間前くらいがベスト。
寝る時間の3時間くらい前に体温を上げておくと、寝る頃に体温が低下し眠りやすくなります。ぬるめのお湯に長く浸かることでリラックス効果も期待できます。
6)寝る前にパソコン・携帯をいじるのは避ける。
寝る時間に光を目に入れると睡眠を促すメラトニンというホルモンの分泌が減り、目が覚めてしまいます。就寝時間が近くなったらパソコンや携帯を使うのはやめ、部屋の電気を少し落としましょう。
7)布団に入るのは眠くなってから。
布団に入ってもなかなか眠れないという経験が重なると、眠れないことへの不安が高まり布団に入るのが怖くなってしまいます。十分に眠くなってから布団に入るようにしましょう。

薬物療法

上記のような生活習慣を心がけても眠れないときは、お薬の使用を検討します。不眠のタイプによって、睡眠薬のタイプもそれぞれ変わってきます。寝つきが悪い、睡眠の途中で目が覚めてしまう、朝早く起きてしまう、などの症状に応じて、それぞれ作用時間の適切な睡眠薬が処方されます。また、抗うつ薬、抗不安薬、抗精神病薬、漢方薬などが使用されることもあります。睡眠薬は医師に指示された用法・用量を守って、正しく使用してください。

以下に、主な不眠の症状によく使われる薬をご紹介します。

寝つきを良くしたい(入眠障害)
  • マイスリー(ゾルピデム)・ルネスタ(エスゾピクロン):従来の睡眠薬がふらつきやだるさなどの副作用があったのに対し、ほぼ催眠作用のみで脱力や転倒などの副作用は少ない新しいタイプの睡眠導入剤です。翌朝への持ち越しも少ないのが特徴です。
  • ハルシオン:従来から使われているベンゾジアゼピン系という種類の睡眠導入剤です。抗不安作用、筋弛緩作用があります。
  • デパス(エチゾラム):こちらも従来から使われているベンゾジアゼピン系という種類の抗不安薬ですが、効果の発現が早く。睡眠導入剤としても使用されることが多い薬です。
途中で眼が覚める・早く起きてしまうのを治したい(中途覚醒・早朝覚醒)
  • ロゼレム(ラメルテオン):眠りを誘うホルモン、メラトニンと同様の作用によって眠気を誘うお薬です。従来の薬と異なり、ベンゾジアゼピン受容体に作用しません。効果はあまり強くありませんが、睡眠の質を改善し、睡眠のリズムを整えてくれます。副作用が少ないのが特徴です。
  • ベルソムラ(スポレキサント):覚醒物質であるオレキシンというホルモンの働きを抑え、早く眼が覚めるのを防ぐお薬です。
  • サイレース(フルニトラゼパム):ベンゾジアゼピン系の睡眠薬。作用時間は中間型で長め。中途覚醒や早朝覚醒の際に処方する。睡眠作用は強力。
熟睡できない(熟睡感欠如)
  • ロゼレム(ラメルテオン)
    テトラミド(ミアンセリン)・レスリン(トラドゾン):この2つは抗うつ薬ですが、睡眠を深くする作用があり、熟眠できないタイプの不眠にしばしば使われます。
できるだけ睡眠薬は使いたくない
  • 小建中湯:疲れやすく、神経過敏になって眠れないタイプに効果がある漢方薬です。
  • 抑肝散:こちらも神経過敏で眠りにくい方におすすめする漢方薬です。認知症のせん妄などにも効果があります。
  • 半夏厚朴湯:不安が強く、喉がつっかえる感じなどがあって眠れないタイプにはこちらの漢方薬が合うことが多いです。

睡眠薬を飲む際の注意

睡眠薬を服用したら、30分以内に寝床につくようにしましょう。また、睡眠薬はお酒と一緒に飲んではいけません。効果が強まり過ぎて、呼吸抑制などの危険が生じるからです。なお、服用していた睡眠薬を急に中止すると、リバウンドで不眠が悪化することがあります(反跳性不眠)。このため、薬をやめるのが不安になり、依存的になってしまうあたりが「睡眠薬は怖い」と思われる原因です。しかし、アルコールの力を借りて眠るよりは体に負担は少ないですし、眠れない状態が続くよりは薬の力を借りても眠れたほうが健康的です。薬をやめたい・減らしたい時はお気軽にご相談ください。勝手に断薬したりせず、医師の指示に従いながら、段階を踏んで薬から離れていくようにしましょう。

クリニック概要

ブレインケアクリニック

  • 心療内科・精神科・内科
  • 〒160-0017 東京都新宿区左門町13番地
    磯辺ビル2階
  • 03-3351-3386
△金曜日午後の診療時間は、18時まで
休診日:水曜・土曜・日曜・祝日
診療時間
10:00 - 13:00
15:00 - 19:00
アクセス
丸の内線「四谷三丁目」駅 徒歩2分
JR中央・総武線「信濃町」駅 徒歩8分
都営新宿線「曙橋」駅 徒歩11分