初めての方へ | ブレインケアクリニック | 新宿 四谷三丁目 心療内科 精神科 物忘れ うつ 不眠 認知症予防

丸ノ内線「四谷三丁目」駅 徒歩2分

新宿区左門町13番地 磯辺ビル2階

TEL 03-3551-3386

ご予約はこちら

お問合せはこちら

ご予約当日のご来院も可能です

toggle navigationMENU

初めての方へ

当院は予約優先です。当日予約なしのご来院も可能です。予約なしの場合、お待ちいただくとがありますのでご了承ください。

  • 初診の方は必ず、保険証をご持参ください。
  • 他院から転院される場合、そこで貰っているお薬やお薬手帳をお持ちください。また、ご紹介状(診療情報提供書)がある場合は、お持ちください。
  • 初診時は30分ほどお話しをお伺いしますので、お時間に余裕を持って来院ください。
  • 患者さまの状態や診察の進み具合によって、お待ちいただく場合や、診察の順番が前後する可能性がありますのでご了承ください。

以下の症状の方は医師にお申し出ください。

  • 妊娠中の方、もしくは妊娠の可能性のある方
  • お薬や食べ物のアレルギーがある方
  • 過去にアレルギー以外のお薬の副作用を経験されたことがある方

はじめに

日本人の平均寿命は、2014年に女性86歳・男性80歳となり、男女ともに80歳を超えました。一方、どれだけの人が最後まで健康に生きていられるでしょうか。よく知られているように日本の高齢化は年々進んでおり、2007年には高齢化率は20%を超え、超高齢社会となりました。国際チームの研究によれば、日本の健康寿命(健康で自立する生活が出来、病気などで制限が無い年齢)は女性75歳・男性71歳と報告されています。

つまり、多くの方が亡くなるまでの約10年間、なんらかの援助が必要になると考えられます。私は、人が最後まで健康で生きるために最も重要な要素は、「脳」だと考えています。仮に脳が機能しなくなり、健康になろうとする意思を持てなくなれば、健康どころか生命を維持することすら難しくなってしまいます。脳を若々しく健康に保つ事、それが生涯をイキイキと過ごすためのコツです。

当院が対象とする方とその治療

まず現在、うつ病や不眠症、パニック障害、統合失調症、認知症など、すでに精神疾患で治療中の方。精神疾患はその多くが未だ原因が明らかになっていません。一般的に抗うつ薬や抗不安薬、抗精神病薬、睡眠薬といった薬物療法が標準的な治療法ですが、それだけでは十分に改善が見られない方も多くいらっしゃいます。そのような場合、当院では脳が機能するに必要な栄養素がとれているかどうか調べ、不足している栄養素をサプリメントや点滴で十分補給することで治療する「栄養療法」「点滴療法」をお勧めしています。自由診療になりますが、これらの治療によって、服用している薬を減らせたり、断薬できたりした方も多くいらっしゃいます。できるだけ早く症状が癒され、健康な生活を送れるよう、できる限りのサポートをいたします。

次に病気とまでは言えないまでも、不眠や気分の落ち込み、不安、意欲の低下、頭痛、胃もたれ、肩こり、動悸など様々な心身の不調にお悩みの方。いつのまにか過剰なストレスがかかっているのかもしれません。2016年6月にNHKスペシャル「キラーストレス」で放送されたように、一つ一つのストレスはたいしたことはなくても、複数のストレスが重なると、脳梗塞や動脈破裂、がんなど命に関わる病気に発展することがあります。また、ストレスは体をさびつかせる活性酸素を多く発生して老化を促進し、脳を萎縮させてしまいます。

このような症状が現れた際は、「ストレス対策・予防」や「自律神経バランス分析」を用いてストレスの影響を調べ、その原因を探り、生活習慣の見直し、栄養療法・点滴療法、認知行動療法や自律訓練法などによるストレスマネジメントなどをもって、ストレスに十分対抗できるよう体質改善をいたします。

最後に40歳以上の全ての方へ

脳の機能低下が特に40代後半から明らかになってくることや、代表的な認知症であるアルツハイマー病の原因物質が発症の20年ほど前から溜まり始めることから、40代を超えたらぜひ一度認知機能を調べましょう。もちろん現時点で特に問題はないかもしれません。しかし、定期的に認知機能と健康状態をチェックしておけば、何か異常があった時に原因検索や対処が素早くできるようになります。一度病気になると、大きな経済的/時間的負担が生活にかかってきます。保険と同様、健康なうちから将来に備えておくことをお勧めします。

脳の理想的な健康と認知症予防を目指す「認知症予防プログラム(ブレインケアプログラム)」では、米国で開発された「コグニトラックス」という認知機能検査を導入しています。この検査はインターネットを介して行なうもので、世界各国の医療機関や研究機関で採用されており、院長も大学院在学中の研究にも用いた信頼性の高い検査です。また、現在の身体状態を調べるために、血液検査や体組成検査、自律神経検査、遺伝子検査など各種検査を組み合わせ、総合的な観点から脳の健康を維持するための具体的なアドバイスを行ないます。また、予算に応じてプログラムを継続するために必要な物品のご提案もいたします。

その他、老化予防や健康維持について何から始めて良いかわからない、自分が現在やっている健康法が正しいかどうか聞きたいなどのご希望の方のご相談も承ります。その場合、「抗加齢コンサルティング」にてお気軽にご相談ください。