アトピー性皮膚炎の栄養療法 | ブレインケアクリニック | ブレインケアクリニック | 新宿 四谷三丁目 心療内科 精神科 物忘れ うつ 不眠 認知症予防

丸ノ内線「四谷三丁目」駅 徒歩2分

新宿区左門町13番地 磯部ビル2階

TEL 03-3551-3386

ご予約はこちら

お問合せはこちら

ご予約当日のご来院も可能です
「健康保険証」「お薬手帳」をご持参ください

toggle navigationMENU

2021年04月27日

アトピー性皮膚炎の栄養療法

アトピー性皮膚炎は皮膚のバリア機能が破綻してしまい、刺激や異物の侵入によってかゆみや発赤といった症状が出現する病気です。したがって、治療のためにはまず皮膚を再生し、バリア機能を回復させる必要があります。

皮膚を構成するコラーゲンの材料となるものは、まずタンパク質、そして鉄・ビタミンC
が特に重要です。しかしアトピー性皮膚炎の方はもともと様々な食品にアレルギーを持つことが多く、偏食になり十分なタンパク質を摂取できていないことがあります。また、胃腸に問題があり消化や吸収がうまくいっていないこともあり、栄養素を安全かつ効率的に取り入れるためには医学的な技術が必要です。

アトピー性皮膚炎の方の血液検査をするとほとんどの方に見られる所見が亜鉛とオメガ3脂肪酸、ビタミンDの不足です。亜鉛は皮膚や粘膜の健康維持に大変重要な栄養素で、亜鉛が欠乏すると皮膚の炎症が起こりやすくなる・傷が治りにくくなる・口内炎が起こりやすくなるなどの症状が起こりやすくなることが知られています。オメガ3脂肪酸は魚の油・えごま油・アマニ油などに多く含まれる必須脂肪酸で、炎症を抑制する作用があります。ビタミンDはカルシウムの吸収を促進することでよく知られていますが、免疫機能を向上し、アレルギー症状を緩和する作用があります。また、ビタミンDは精神のバランスを整える神経伝達物質セロトニンを調整します。アトピー性皮膚炎などアレルギー症状はストレスによって悪化することが知られていますので、ビタミンDはこれらのような複合的な作用によってアトピー性皮膚炎の改善に役立ちます。一方、これらの栄養はとればとるほど良いというわけではなく、やはり検査データを基にして適切な量・摂り方を考える必要があります。

 

アトピー性皮膚炎の症状を悪化させる一要因として、腸内環境の悪化が挙げられます。腸は免疫を司る重要な臓器の一つです。食事や生活習慣の乱れ、ストレスなどで善玉菌の勢力が衰えると悪玉菌が増殖し、腸壁に炎症が起きると腸のバリア機能が破綻して本来吸収できないほどの大きな未消化の食べ物の分子が体の中に入ってしまいます。これらの分子は私たちの体にとっては異物ですから、免疫が働いて排除しようとします。これがアレルギー反応につながります。アレルギーには幾つかの種類があり、一般的な保険診療などで調べられるのはIgEというタイプのものです。これはアレルギーの原因となる食べ物を摂取するとすぐに反応が出るので原因が分かり易いものです。一方、IgGというタイプのアレルギーは食べ物を摂取してから反応が出るまで少なくとも数時間はかかるため、原因が分かりにくいという特徴があります。これを調べることができるのが「IgG検査」「遅延型アレルギー検査」などと呼ばれるものです。単にどの食品に対してアレルギーがあるかわかるだけでなく、腸壁が破綻しているかどうか(リーキーガット症候群)の有無も推定できる優れものの検査です。この検査を参考にして食事を改善することにより、より早期の改善が期待できます。

 

当院のアトピー 改善プランでは、血液検査やIgG検査の結果をもとに食事を見直し、サプリメントなども活用して栄養素を十分に補給することで、新しく生まれる細胞はより質の良いものに変わります。

3〜4ヶ月ごとに検査を行い、食事内容や必要な栄養素を見直すことで、アトピー性皮膚炎の症状は少しずつ改善していくでしょう。

プッシュ通知を

クリニック概要

医療法人社団TLC医療会 ブレインケアクリニック

  • 心療内科・精神科・内科
  • 〒160-0017 東京都新宿区左門町13番地
    磯部ビル2階
  • 03-3351-3386
△金曜日午後の診療時間は、18時まで
△土曜日は、10時~14時まで
休診日:水曜・土曜・日曜・祝日
診療時間
10:00 - 13:00
(14時まで)
15:00 - 19:00
アクセス
丸の内線「四谷三丁目」駅 徒歩2分
JR中央・総武線「信濃町」駅 徒歩8分
都営新宿線「曙橋」駅 徒歩11分