前頭葉の機能低下を疑う症状 | ブレインケアクリニック | 新宿 四谷三丁目 心療内科 精神科 物忘れ うつ 不眠 認知症予防

丸ノ内線「四谷三丁目」駅 徒歩2分

新宿区左門町13番地 磯辺ビル2階

TEL 03-3551-3386

ご予約はこちら

お問合せはこちら

ご予約当日のご来院も可能です

toggle navigationMENU

2017年08月25日

前頭葉の機能低下を疑う症状

脳は大きく分けて、前頭葉、側頭葉、頭頂葉、後頭葉に分かれています。それぞれの部位によって機能が低下した際の症状が異なります。従って、現れた症状によって脳のどこが障害されたのかが推測できるというわけです。今回は、前頭葉の障害による症状をまとめました。

■意識障害、見当識障害、易疲労性

疲れやすい、また疲れていることに気がつかないこともある。

 

■注意障害

注意の持続困難。集中力を持続させながら、1つの物事を長く続けることができない。

注意の選択性の障害。身の回りのいろいろな刺激に振り回されずに1つの刺激を選択して行動することができない。

同時処理困難:一度に2つ以上の事柄に注意を向けて、行動を行うことができない。

注意の転換の障害:1つの刺激に対して行動しているときに、違う刺激に注意を向けて対応し、そのあとに最初の行動に上手く変換して戻ることができない。

 

■記憶障害

新しいことが覚えられない、すぐにばれるうそをつく、物をなくす、どこにしまったかを忘れる、同じことばかり話す、同じ間違いを繰り返すなどの症状がみられる。

 

■遂行(実行)機能障害

遂行機能とは目標を決め、計画を立て、手順を考え、それを実施し、最後にその結果を確認する事。

遂行機能に障害があると、要点の定まらない話をしてしまう、学習する計画が立てられない、優先順位を決められないなどの症状をきたす。

 

■感情と社会的行動の障害

意欲低下や発動性(何かをやろうとする意志)の低下、怒りっぽさ、無関心、自分が病気であると認識する力の低下、現実検討能力の低下、抑うつ、多弁、脱抑制(欲求を我慢できない)などをきたす。

 

■流暢性の低下

流暢性とは、情報(主に言語情報)を適切に、素早く、数多く処理し出力する能力・特性のこと。長期記憶からの情報取り出しと、条件に合致しているかどうか、既に出力した単語でないかどうかの吟味をし、さらに発声や書字などの出力ができるかどうかの機能である。流暢性の低下により、例えば「し」や「い」から始まる言葉「しゃしん」や「いぬ」などの単語を思い出せなくなる。

 

ここにあげたような症状が見られるようであれば、前頭葉の機能に問題がある可能性があります。生活に大きな問題が起きるようになる前に、お気軽にご相談ください。何事も早めの対応が重要です。

 

参考文献:脳解剖から学べる高次脳機能障害リハビリテーション入門 改訂第2版 診断と治療社

 

当院では「40代から始める認知症予防プログラム」を実施しています。物忘れなどの症状や、将来の認知症予防にご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

認知症予防プログラム(ブレインケアプログラム)

 ブレインケアクリニック http://brain-care.jp/

プッシュ通知を

SNSフォローはこちら

RSSフィード購読はこちら

follow us in feedly

クリニック概要

ブレインケアクリニック

  • 心療内科・精神科・内科
  • 〒160-0017 東京都新宿区左門町13番地
    磯辺ビル2階
  • 03-3351-3386
金曜日午後の診療時間は、18時まで
休診日:水曜・土曜・日曜・祝日
診療時間
10:00 - 13:00
15:00 - 19:00
アクセス
丸の内線「四谷三丁目」駅 徒歩2分
JR中央・総武線「信濃町」駅 徒歩8分
都営新宿線「曙橋」駅 徒歩11分